Top > 解体 > リノベーションによる解体工事

リノベーションによる解体工事

我が家は躯体だけを残してフルリノベーションをしています。リノベーションを着工してまず初めに行われるのが内装の解体工事でした。内装解体中にも顔を出したことがありますが、瓦礫だらけの危ない現場かと思いきやとても綺麗に解体をされていて、選んだ工務店に間違いがなかったと思いました。工場中とはいえ、勝手に人の出入りができないようにとの配慮から、内装解体が終わった後は、新しいサッシの入れ替えと同時に外壁の解体工事が進みだしました。フルリノベーションなどでご近所に迷惑をかけるタイミングはまさにこの外壁の解体工事だと思います。我が家の場合は外壁のタイルとモルタルの壁をドリルで解体していくときに、飛び散らないように養生をしてくださっていましたが、細かい破片などが隣家や道路に飛び散ってしまっていたそうです。両隣からクレームが入り、工務店さんと謝罪にいきました。家の規模にもよりますが、我が家の場合、外壁の解体工事は10日ほどで終わりました。また、もともと設計事務所で建築した家でしたが、解体していくうちに設計図にのっていない柱や、基礎が出てきたりなどハプニングもありました。解体してみないと分からないフルリノベーションの追加費用があると聞いていましたが、我が家の場合は解体工事で判明した必要な追加工場は100万近くかかりました。

ワイエムエコフューチャーの解体工事の費用・口コミ・評判・体験談

解体

関連エントリー
リノベーションによる解体工事